殺菌照射

UVC201はUV-C波長を利用したコンパクトで高出力の殺菌用紫外線照射器です。

UV-Cとは100~280nmの波長の紫外線を指します。
その波長を菌にあてると菌の細胞のDNAが光化学反応を起こし遺伝子情報が分解されて死滅すると考えられています。

本機紫外線殺菌装置UVC201は中心波長275nmで、菌の種類や生息条件により効果は異なりますが各種の菌やウイルスに対して有効です。
薬剤による消毒ができない箇所での殺菌に適しています

UVC201

特徴

波長 275nmの深紫外LEDを採用
強い殺菌効果 10秒照射で大腸菌 未検出(WD(照射距離)50mmの場合)
WD20mmの場合 2秒以内でコロナウイルス(従来型)不活性化と考えられる(推定値)
WD50mmの場合 6秒以内でコロナウイルス(従来型)不活性化と考えられる(推定値)
サイズ 軽量で持ち運びが便利
点灯瞬時 素早いON/OFF
適用分野 衛生管理・食品材料・食品機械・化学材料・医療材料

オプション品

スタンド、タイマー

スタンドに取り付けての使用も可能です

仕様

モデル UVC201
中心波長 275nm
光出力 580mW
消費電力 約70W
サイズ 170x90x80mm
重さ 約1kg
冷却 ファンによる空冷

UVC201における殺菌検証

本機UVC201の殺菌力評価試験を行いました
試験機関:地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所
試験計測成績書:産技総研第082-01428号

培地シートの画像

UVC201における照度 波長の検証

本機UVC201の照度、および波長の検証を行いました。
試験機関:地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所
試験計測成績書:産技総研第093-01761号

測定時の状態(測定距離20mm)